―――今夜も月が奇麗だ…。
ん?
 ああ、君たちか――― 待っていたよ。
さて。 それでは、今宵も一つ―― 語るとしようか。
 ―――ようこそ。 「物語」の世界へ